ロゴ:有限会社あさのや
飛騨地域の企業・お店のホームページ作成・リニューアルを (有) あさのや が応援します!
コストパフォーマンスに自信があります!

WordPressでのCMS構築

現在、CMSは数多く存在しますがシェアが最も大きいのは WordPress で、日本のみならず世界でもNo.1 です。
オープンソースで商用利用でも無料のため、プラグイン(機能拡張プログラム)やテンプレートも数多く存在していますし、誰でもWordpress の開発に参加することができます。
しかし言い換えれば、それだけ多くの人がプログラムの中身に精通しているのでセキュリティに気をつけなければいけません。シェアNo.1 のWordpress は、クラッカーなど悪い人たちにとっても大人気なんです。

当社も上記理由で WordPress でCMSを構築することに躊躇しておりました。
また以前の WordPress はログイン画面のURLとIDが決まっており、実質、セキュリティはパスワードのみで保たれていました。しかし現在はプラグインによりログインのURLを変更でき、IDも任意で設定できるようになりました。

また WordPress とともに人気があった Movable type が商用の場合は完全有料化となり、バージョンアップライセンスも無いので新規にライセンス料を支払わなければなりません。
大企業や公的機関等なら対応出来るかもしれませんが、一般企業等にとっては手痛い出費となります。
そんな理由で当社は、 WordPress でのCMS構築に力を入れる事としました。

少し専門的な話になりますが、Movable type では「再構築」という操作をして静的ページ(HTMLファイル)を書き出します。一方 WordPress は動的ページを表示します。動的ページというのは、実データは存在せずアクセスがあるとその都度データベースから情報を引っ張ってWordPressを通してブラウザに表示するという感じです。(Wordpress に限らず、CMSの多くがこのタイプです。Movable type でも動的ページで表示することは可能です。)
ですので、もしデータベースや Movable type に不具合等があった場合でもMovable type は現物のHTMLファイルが存在しているので、サーバが動いていればアクセスしてサイトを表示することができます。また現物のデータ一式をダウンロードして別のサーバーにアップしてそのまま使用する事も可能です。一方 WordPress は動的ページなので、データベースが突然クラッシュしたら表示する事ができません。
この事からも社会的信用が重要視される自治体や大企業等は、万一の事も考えてMovable type を利用する傾向にあるようです。
※Movable type、Wordpress とも、万一に備えてバックアップを取る事が大切です。
サーバの仕様にもよりますが、 WordPress ではプラグインを利用すれば自動でバックアップを取ることが可能です。レンタルサーバ会社でも似たような有料サービスを行っているところもありますが、プラグインを使えば無料で楽にバックアップを取ることができます。

以上のようにセキュリティ面や利便性からも、Wordpress を使わない理由がなくなりました。
もちろんMovable type も優秀なCMSです。ご要望があれば、Movable type でも構築致します。

イメージ:Movable type と WordPress の比較

また色々なWEBサイトを見ていると WordPress で作られているサイトもよく見かけますが(サイトのソースを見ると分かります)、無料のテーマ(テンプレート)を利用したサイトが多いです。
そのため知識が乏しい作成業者では全然カスタマイズしていないサイトもありますし、facebook を表示するためのコードを埋め込む等の簡単な事しかやってないサイトもあります。
しかし当社では、お客様に合わせてテーマを作成する事ができます。
例えば下のような表も、ブログ記事を入力する要領でデータを増やしたり減らしたり変更する事ができるので、お客様自身でサイトを更新する事が可能です。

No. 商品名 金額
1 1,000
2 1,500
3 2,000

▲TOP